タブレットとパソコンどちらが便利?

8月 16th, 2014

最近かなり広く使用されるようになってきたタブレット。
タブレットはノートパソコン代わりになりますか?

インターネットの使用は、はっきり言ってタブレットの方が便利なところもあります。
画面の大きさが、パソコンによっては見やすいこともありますが、見たいものをサクッと出すのにはタブレットがかなり便利な感じがしますよね。

メールチェックもかなりタブレットが便利な気がします。
ただし、添付ファイルがエクセルなどですと、開くことができないタブレットもありますね。

しかし、大きく差が出たのが、打ち込み。
長い文章を打ち込む場合、あるいは企画書などのようなものを作る場合は、どうやってもパソコンの方が効率が良いのです。

打ち込むのに時間がかかりますし、表などの挿入もパソコンの方が機能が充実しています。

ノマドワーカーには、タブレットではなく、ノートパソコンの方がやはり有用といえますね。
ネットのために持ち歩くこともいいと思いますが、タブレットと、ノートを二つ持ち歩くのも面倒ですよね。

タブレットは遊び感覚が強いかもしれません。

ノマドのデメリットとメリット

8月 3rd, 2014

ノマドワーカーというのは最近良く聞くようになりましたが、SOHOという言葉を一昔前は聞いていいたでしょうか。
SOHOとはパソコンなどを使い、小さなオフィスや自宅でビジネスをする人という意味で使用されています。

どちらも意味としては大差がないのかなという感じがします。
私も、どちらかと言うと、SOHOであるようなイメージを持ちます。

どちらにしても、会社に属さずに自由に仕事をするのが特色です。
しかし、裏を返せば、引きこもりのようにも見えなくもない・・・・。

私はカフェを歩くよりも、家で仕事をするほうが好きなタイプです。
お金もかからないし、好きなときに横になれて、一番気楽だからです。

あまりにも孤独に感じた時には、外に出たりして仕事をしてもよいのかもしれません。

家で仕事をする弱点は、仕事とプライベートの壁が無いということです。
いつまでも仕事ができるし、いつまでも寝てもいられるのです。

毎日その葛藤と戦っています。

ある程度仕事の時間や、ノルマ等を決めて仕事に取り組むようにしています。
慣れてくると、仕事にのめり込みすぎることもなく、休みすぎることもなく調度良い仕事のペースを見出すことができるようになります。

新しいタイプの安いパソコン

7月 16th, 2014

ノマドワーカーに欠かせないのがパソコン。
ノマドワーカーで成功している人にとって、パソコン一台は痛くも痒くもないほどの価格かもしれません。

しかし、会社をでてノマド生活をしているほとんどの人にとって、パソコン一台は安い買い物ではありません。

かといって古い機種を数十年も使えるわけではありません。
ノートブックは買い替えていくものですよね。

そんなパソコン界に興味深いクロームブックというパソコンが登場しました。
こちらの商品はすべてクロームのアプリを使用するようになっており、ワードなどのソフトを必要としません。

ですから、価格が安い!
余分の機能がついていませんので安いのですが、グーグルのアプリで、パソコンに求められるスキルを補えるようになっています。

使い慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、こちらのグーグルの出しているPC価格が300ドル以下。

買い替えて使っていくノマドワーカーにとってもとてもうれしい価格です。
10万するパソコンを買い替えていくのではなく、3万のパソコンを使いまわしていくと数十年後には数十万円の経費削減になります。

企業も注目しているようですよ。
マックブックは使いやすい

ノマドワーカーの共通点

6月 25th, 2014

ノマドワーカーに共通している点は、お金の稼げる話に食いつくところでしょうか。
お金を稼ぐ話がどこにあるのかを、敏感に感じ取り、見つけたら食らいつく!

これが、成功者ノマドワーカーの共通点かもしれません。
会社の従業員とは違いますので、お金を稼ぐ手段を見つけなければなりません。

もしそれをやめてしまうと、収入がなくなるというのが、ノマドワーカーのつらいところです。

逆に言いますと、上手に稼ぐ方法を見つけることのできる人が、ノマドワーカーを上手に行っていけるといえます。
ただ、これが本当に難しい。
そう簡単に仕事を軌道に乗せることはできません。

ですから、多くの人が、仕事をしながら副業でいろいろな仕事を始めているようです。

先輩ノマドワーカーたちの助言によりますと、副業を始めて仕事を見つけていくにあたって、広げていくことも大切ですが、何かを極めていくことも大切なのだとか。

つまりいろいろな仕事にちょいちょい手を出していくよりも、いくつかの種類に絞って、極めていくときに、いい収入を得ることができるのだそうです。

翻訳家になる!

6月 7th, 2014

翻訳の技術をみにつける!
やはり最近では多言語ができれば、仕事の数も増えます。
受ける仕事の幅も広がります。

最近では他の言語を一つ習得しているというレベルではなく、やはり2か国語、3ヶ国語出来る人が仕事に有利です。

しかし、単に話せるレベルではなく、翻訳となりますと、専門的な言葉を知っていなければなりません。
ネット上の翻訳機能も向上していますが、やはり現地人のように考え、その国の人がわかるような言葉で表現できるようになるには、時間がかかります。

その国に住無というようなことが無いと、プロフェッショナルな翻訳家にはなれません。
どんな仕事をするかによって、身に付けるべき言語レベルも左右されます。

仕事の受注や、交渉程度なのか、あるいは本格的に本などの翻訳にあたるのか。

実際取り組むとわかるのですが、翻訳とは骨の折れる仕事です。
そして出来上がった商品が、後々わかりにくいと批判されることも多々あります。

翻訳家になりないのなら、現地に行き現地のスタッフと一緒になって仕事をしてみることを勧めます。

図面を書く仕事を勉強中です。

3月 8th, 2014

最近、自分のスキルアップと、図面を書けるように練習中です。
独学。

オートキャドを使ってみたり、他にもオフィスなどの図面を書くソフトがたくさんあります。
これが結構難しい。

他の仕事をしながらの勉強なので、時間も取りにくいし。
でも、スキルアップになるには違いありません。

最近では3Dでオフィスの設計図を出せるようになりました。
しかも、かなり簡単に書けるのです。

問題は寸法との戦い。
正確な寸法を画面上で出すのがとても難しいのです。

それでも、なんとか書いていけそうです。
今後こうしたスキルがあると、また別の仕事の話をもらいやすいのです。

人の脳は、人生でほんの0.01%しか使用しないと聞きました。
人生で勉強しても勉強しても、まだまだ知らないことばかりです。

you tubeで稼ぐ

2月 15th, 2014

最近よく聞くようになったでしょうか。
ユウチューバー。

you tubeに動画をアップさせて稼いでいる人たちです。
毎日動画をアップさせて、視聴者を集めることで、お金を稼いでいる人たちがいますね。

あれって、実は誰でもできるのですよ。

you tubeの動画の収益を得る設定をするだけで始めることができます。

後は、視聴者を集めるのみ。

誰も映し出したことのないような動画を集めましょう。
ここがポイントです。

ありきたりの画像ですと、視聴者を集めることができません。
誰も見たことのない画像を載せることで、収益を期待することができます。

何百万回も再生することができた場合、数十万円の収益を得ることができるのです。

!!!!

ブログを書いたりするよりも、むしろ簡単かもしれませんね。

マックブックは使いやすい!

1月 12th, 2014

ノマド生活をするなら、やはりマックブック!ですよね。

どうして?

簡単に言いますと、使い安い。
すっと起動して、動きもスムーズなのです。

そして、薄い!
なんか折れてしまいそうと思うくらいの薄さです。

コードも絡まらないように巻いて使えるようになっていて、とても便利です。

一番の特徴は、タッチパネルのようにパソコンを使うことができます。

まるでIPADを使っているかのように、操作することができます。

マウスを使っている感覚はありません。

ただし、スペックはそれほど良いものではありません。

それでも使いやすさ上に、外で持ち運びながら仕事をしたい人たちに人気の商品です。

他にも使いやすさを売りにしたパソコンはありますが、やはりアップルの商品は質が違いますね。

他社の上を行く、技術です。

なんだかマックブックを持っていると、かっこつけのように勘違いされがちですが、使いやすいからみんな使うのです!

ノマドライフで1億円かせげるのかな

1月 6th, 2014

ノマドワーカーといえば、なんとなく貧乏というイメージがあります。
もちろん成功している人もいると思いますが、裕福になった人はごくわずか。

正直ノマドで成功していくのは簡単な話ではありません。

簡単にノマドで1億稼げるなんていう広告なんかも良く見かけます。

本当に稼げたらいいのですが、・・・・・・・。

こんな風に壁を感じてノマドライフをあきらめてしまう人も多いようです。

また、ノマドしていく上で海外に進出するのもとても大切なことだと思います。

しかし、海外に出て行くのは簡単な話ではありません。

言語も求められますし、勇気も要ります。

ともかく簡単な話ではないですし、むいていない人もいるということも覚えていなければなりません。

ノマドライフをしたいと思っている人たちの一番知りたいこと、それは方法ではないでしょうか。

何をどうすればお金が稼げるようになるのかという点です。

しかし、基本ノマドにはたくさんの方法があります。

言ってみれば、どんな仕事でもいいのです。

大切なのは長く続けることのできる仕事を見つけるということですね。

ノマドワーカーの仕事場でのデメリット

12月 20th, 2013

ノマドワーカーにとって欠かせないものは、仕事場。

自由ではありますが、自分で適した場所を探さなければなりません。

もちろん、自宅を職場のようにして、ある日は外で、ある日は自宅で何てこともできるとは思いますが、多くのノマドさんは、外で適した場所を見つけて仕事します。

カフェや図書館などに繰り出すノマドさんたちが多くいます。

最近では、カフェに電源まで常備してくれているところもあります。

ノマドワーカーの一つのデメリットは、電話です。
電話が鳴ったとき、カフェにいたのならば、電話をすぐに受けて、対応することがしにくいのです。

カフェでの通話はできません。
図書館でも同じです。

ですから、電話を持って外に出なければなりません。

これがちょっとめんどくさい。

後は、集中力をどれくらい高めることができるかということになります。

外で、がやがやしている中、仕事に集中するのは簡単ではありません。

ノマドワーカー向けの店が出ている中、やはりオフィスではない分、面倒な一面もあるようです。